トップへ

会社再生に強い弁護士

弁護士からのご挨拶

会社再生に強い弁護士 吉村雄二郎

―――弁護士が、なるべく民事再生などの法的手続を使わない方法で、会社再生を目指します。

債務超過、慢性的赤字、資金繰りでお悩みの会社経営者の皆様。
当弁護士・法律事務所は、中小企業の会社を対象に、なるべく民事再生などの法的手続を使わない方法で、会社の再生を行うことを目的としています。会社の窮境は、人で言えば病気にかかっているような状態です。いきなり民事再生や破産手続を行うのは、病人に対し、いきなり外科手術をするようなもので、会社・経営者・取引先に与える影響があまりにも大きすぎます。外科手術を行う前に、まずは診断(会社の再生可能性の調査)を行い、なるべく負担の少ない再生に向けた治療方法を検討します。つまり、会社の体質改善(リストラ)や止血(リスケジュールなど)によって回復(再生)するのであれば、外科手術(民事再生など)を行わずに再生することは可能なのです。

    

―――必ずや中小企業が生き延びる道はあります。

中小企業の会社は相変わらず厳しい経営環境に置かれています。しかし、諦める必要はありません。実は会社が再生する方法はケースバイケースで無数にあります。人も会社も再生する為のしなやかな強さを本来有しているのです。まずは会社の再生を専門とする弁護士にお気軽にご相談ください。会社の再生に向け、経営者と共に、厳しい現実の下、粘り強く生き残る為の実践的行動を起こすことができる弁護士がお待ちしています。

代表弁護士 吉村雄二郎プロフィール

会社再生を扱う弁護士 吉村雄二郎中央大学法学部卒業後、地方裁判所に勤務。年間2000件以上の破産事件を扱う中で、再生可能な会社まで破産している現状に疑問を持ち弁護士を志す。
サラリーマン生活と両立して旧司法試験に合格。
会社・企業の再生を強みとする法律事務所に勤務した後、
中小企業・会社の再生に特化するべく独立開業。
企業再生に弁護士人生の全てをかける

弁護士による会社再生の流れ

会社再生に強い弁護士による解説

マークにカーソルを乗せるとポイントが表示されます。

弁護士による会社の再生可能性の調査
企業の経費削減策の実行
借金などのリスケジュール
裁判所を使わない手続M&A、第二会社方式
裁判所を使う法的手続
会社の破産手続
会社再生の弁護士による経営者の再生。財産やマイホームを残します

弁護士による会社再生FAQ

弁護士による会社再生Q&A一覧へ

会社の銀行融資が打ち切られてしまいました。どうしたら良いでしょうか?

貸し渋りへの対応は可能です。弁護士が銀行との交渉、資金繰り対策で再生を目指しましょう。

顧問税理士・弁護士から破産を勧められています。破産しかないのでしょうか?

まずは弁護士による会社の再生可能性の診断をお勧めします。会社の現状にあった再生の為の打開策を検討した後でも破産は遅くはありません。

手形不渡り・資金ショート間近です。倒産しかないでしょうか?

再生に向け資金繰りを確認しましょう。弁護士が資金繰り表及び事業計画書を策定し、当面のキャッシュ不足を回避し、営業黒字への転化・会社の再生を目指します。

破産はもちろん、民事再生もしたくない。可能でしょうか?

弁護士による会社の破産・民事再生は最後の手段です。弁護士を通じてよりソフトな方法で会社を再生する方法をまずは検討しましょう。

リスケジュールが打ち切られた。もう再生は無理でしょうか?

弁護士と共に緊急の資金繰り対策、事業計画の見直しをすることにより、会社再生の為の打開策は必ずあります。再建策は無数に存在します。

会社経営者の家族やその自宅を守ることはできますか?

会社経営者の生活も守ることができます。決して悲惨という訳ではありません。自宅も条件によっては残せます。再生の方法はあるのです。

会社再生を扱う弁護士からのご挨拶

会社再生の事例
弁護士による会社再生の実例 case01写真

地方の老舗衣料メーカー

リストラ再生

地方都市に存する衣料品会社について、遊休資産の売却、リストラ、金融機関への支払を停止した後、スポンサーを選定し、会社分割により会社の主要事業を存続させ会社・事業を再生した事案。
くわしくはこちら

弁護士による会社再生の実例 case02写真

上下水道設置会社

事業譲渡による再生

地方都市に存する上下水道設置会社。再建は困難を極めたが、会社の主要事業について、従業員が設立する会社へ動産譲渡し、事業を存続し、会社・事業を再生した事案。
くわしくはこちら

会社再生に強い弁護士へのお問合せ お問合せボタン

弁護士と会社再生の相談の流れ

相談のご予約

まずは、電話又はお問合せフォームからご連絡下さい。

会社再生のお問い合わせ お問合せはこちらから
右写真
矢印

弁護士との相談日時の決定

担当者からご希望の連絡先へご連絡申し上げてスケジュールを調整のうえ、ご相談日時を決めさせて頂きます。

平日午前9時30分~午後9時土日休日午前9時~午後8時

会社再生の相談の日程と時間
矢印

会社再生のご相談内容・持参物の事前確認

相談前に、相談担当者より会社再生に向け御社の状況を簡単にヒアリングさせていただきます。また簡単に記入できるご相談フォームをメール又はファックスにてご記入いただきます。また、次のような資料をご持参いただきます。

  • ①会社案内・パンフレット
  • ②商業登記簿謄本
  • ③決算書3期分
  • ④直近試算表
  • ⑤債権者一覧表
  • ⑥不動産固定資産評価証明書
  • ⑦不動産登記簿謄本
  • ⑧資金繰り実績表
  • ⑨資金繰り見込み表(日繰り、月次)
会社再生の際に必要なものをご案内します
矢印

弁護士との会社再生の相談

弁護士が事前にお知らせいただいた御社の事情を踏まえつつ、ご持参いただいた資料を確認しながら丁寧にお話を伺います。
どんな小さなことでもご不安になられていることを弁護士にお話しください。弁護士は御社の現状の概要や会社の再生に向けて取りうる方法について具体的にご提案いたします。弁護士はどんな困難な問題であっても、経営者と共に考えて会社の再生の為の解決策を追求します。

流れ 弁護士と会社再生の相談をします
次のステップ

弁護士費用のお見積り

弁護士に会社の再生をご依頼される場合、事前に弁護士費用の見積もりを明確にご提案致します。この時点でご依頼する必要は全くありませんので、持ち帰って費用や方針について慎重にご検討いただいております。もちろん、直ちに弁護士と契約することも可能です。

弁護士費用のお見積りを行います
矢印

会社再生の契約

お客様のご要望を十分に伺い、費用・基本的な会社の再生方針を明確にした上で、会社と弁護士との間で、委任契約書を取り交わします。費用や再生方針についても契約書で明確に記載します。

弁護士と会社再生の契約をします
矢印

弁護士が企業再生に着手

弁護士との契約後、会社の再生に向けて弁護士の活動がスタートします。
弁護士は会社の再生に向けて経営者と二人三脚で全力で取り組みます。

弁護士が企業の再生に着手します
お問合せバナー お問い合わせボタン

会社の再生・存続 事務所情報

会社再生を扱う弁護士事務所

吉村労働再生法律事務所弁護士法人

〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町11-12
ニチヨビル6F

TEL:0120-3131-45/FAX:03-3518-6059 弁護士へのお問合せフォームはこちら 営業時間:平日土曜・9:30~21:00/日曜祝日・ご要望により対応可能 24時間無料法律相談予約受付
法律事務所の安心の費用 弁護士による解決実績 会社再生のブログ

弁護士ツイッター

会社再生フェイスブック