トップへ

会社再生Q&A

会社再生に強い弁護士事務所情報

会社再生を扱う弁護士事務所

吉村労働再生法律事務所弁護士法人

〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町11-12
ニチヨビル6F

TEL:0120-3131-45/FAX:03-3518-6059 お問合せフォームはこちら 営業時間:平日土曜・9:30~21:00/日曜祝日・ご要望により対応可能 24時間無料法律相談予約受付
弁護士事務所の安心の費用 法律事務所の解決実績 会社再生の弁護士ブログ

倒産と向き合う!

当社は創業25年。地方都市にて内装工事を営む中小企業です。
ここ数年、赤字が続いており、資金繰りも厳しくなってきました。先月は、大口の支払先の決裁を待って貰いました。
このまま行くと資金がショートして倒産は免れません。
銀行の追加融資も断られました。
これまで、ワンマン経営を続きましたので、誰かに相談しようにも出来ません。
そもそも誰に相談すればよいかも分かりません。
借金の取り立て、家族の生活、自宅、従業員の生活などのことを考えると夜も眠れません。
もう駄目なのでしょうか?不安で仕方ありません。

倒産の窮地にあるご心労お察しします。 ただ、やみくもに不安になられていないでしょうか?
現時点での不安の正体は、いまの状態、そして、このままの経営状態が続くと会社、従業員、自分の生活・自宅がどうなるのか「わからない」「知らない」ことにないでしょうか?

まずは、「知る」ことからはじめましょう。そうすればやみくもに不安になることは解消されます。
また、それほど「怖い」ものではないこともおわかり頂けると思います。

少しでも経営状況に不安をもたれているのであれば、相談するタイミングは「今」です。早ければ早いほど、打つ手はたくさんあるのです。

この事例のポイント

1 倒産なんて怖くない。最悪破産しても、生活はやっていける。
2 恐怖の正体は、「知らないこと」。まずは、「知る」ことが大事。
3 早めの相談が選択肢を増やす。まずは相談し、「知る」ことが大事。

弁護士による会社再生のわかりやすい解説

1 倒産なんて怖くない!?

売り上げが低迷気味だ。手形決済資金が間に合うか。
売掛金の回収が滞っている。銀行の借り入れが一向に減らない。利息の支払がやっと。従業員への賃金の支払の負担が重い。新規借入が出来ない。・・・etc
とにかく不安で最近あまり眠れない。酒の量も増えている。

(1) 社長の不安は尽きない

中小企業の経営者の皆様の悩みは尽きません。不安も多く、どうしたら良いのかもわからない。そんな社長も多いのではないでしょうか。

恐怖のあまり、「眠れない」「食欲がない」「周りの人から痩せたと言われる」社長も多いと聞きます。

では、なぜ「怖い」のでしょうか?

(2) 「知らない」から怖い

人は得体の知れないものに恐怖を感じるものです。

会社の経営難はいわば人間の病気と同じです。具合が悪いという自覚はあるのだけど、一体どこが悪くて、この先どうなってしまうのだろうか、という心配に似ています。
自分の体のことで恐怖を感じるのは、病院にもいかず、具合が悪いときではないでしょうか?

例えば、最近、胃の調子が悪く、改善しない。もしかしたら、胃がんかも知れない、などと不安を募らせることはありません。

そのとき、人間の病気の場合、まずは病状を冷静に把握しなければなりませんよね。
病院に行って、医者に体の不具合の状況を話したり、レントゲン、CT、MRI、胃カメラなどの検査を受け、体のどこにどのような問題があるのか、を冷静に見極めてもらいます。

検査の結果、実は大した病気ではないことが分かることもあれば、大きな病気が見つかるときもあります。大きな病気が見つかったとしても、その原因を除去する為に、体に負担の軽い投薬などの治療から検討し、抜本的な解決の為に手術を受けるも出来ます。

いずれにしても医者という専門家の診断や検査を行い、自分の病状について知ることができれば、少なくとも得体の知れない不安感・恐怖感は消えます。

経営難の会社もまずは会社の経営状態や今後の対応策を「知る」ことで、得体の知れない、不必要な不安は解消できるのです。

(3) 社長の不安

経営難に陥っている経営者の不安は次のようなものではないでしょうか?

経営者の不安

このような思考プロセスを経て、「もう駄目だ、死ぬしかない」「一家無理心中」などと考えてしまうのではないでしょうか?

全く間違った考えです。

不安の解決方法

ということなのです。

どうですか?これだけでも、間違った認識がおわかりいただけたのではないでしょうか。

2 精神的なゆとりを保つ為にもまずは相談!
(1) まずは相談

「知る」ことで不安を減らし、「倒産」と向き合うことの重要性はおわかり頂けたと思います。

そして、会社の再生をするにあったっては、相談は早ければ早いほどよい、というのは間違いありません。
なぜなら、病気と一緒で、初期症状であればあるほど、取るべき処置方法は多くあり、また、負担の少ない方法も選べるのです。

ガンも早期発見により投薬治療で完治することがあります。
これに対し、病気が進行しすぎて、「外科手術」しか選択肢がないと、体への負担、精神的負担、休業の負担、費用の負担、そして死のリスクも降りかかってきます。
相談・検査は早ければ早いほどいいに決まっています。

相談が、早すぎて困ることは、経営状態の心配事が杞憂に終わり、相談費用が無駄になることくらいでしょうか?
でも、それで安心して経営に出来るのであれば相談費用なんて安いものです。
また、相談だけの費用であれば、どの専門家に相談しても大した費用になりません。必要経費でしょう。

(2) 誰に相談する?
  • 税理士(会計士)
  • 弁護士
  • コンサルタント
  • 取引先・取引銀行
  • 家族・親族
  • 公的機関(中小企業再生支援協議会等)

が挙げられます。

相談先 特徴 メリット デメリット
税理士・
会計士
財務会計の
専門家
顧問税理士・会計士であれば、会社の財務状況を最も身近で把握できる立場にある。企業再生に精通している場合は、非常に強い味方になってくれる。 ・顧問税理士であっても、企業再生に精通していない場合は、役に立たない。
・債権者との交渉代理権限がなく、法的手続の代理権限もない。
・法的知識が欠ける為、対応を誤ることもある。
弁護士 法律の専門家
法的代理権限について独占的資格
・法律関係については精通している。
・債権者との交渉代理権限、法的手続代理権限を持つ。
・ 資金繰り・財務にも精通している場合は非常に強い味方になってくれる。
・企業再生に精通していない場合は、役に立たない。
・資金繰り・財務の知識がない場合は使えない。
コンサルタント 多種多様、専門性に疑問がある場合も多い。 ・財務会計や法律以外のノウハウを持つ場合がある。
・ビジネスについてのアドバイスが出来る場合がある。
・債権者との交渉代理権限がなく、法的手続の代理権限もない。
・法的知識が欠ける為、対応を誤ることもある。
・無資格で、不正行為を行う者も多い
取引先・
同業者
専門家ではない。
利害関係がある。
・支払・融資などについて協力してくれることもある。
・スポンサーとなってくれることもある
・情報が漏れて信用不安が広がることもある。
・法的知識・会計知識がない。
・利害が対立する場合、会社を追い込むこともある。
取引銀行 会社の財務状況を知りうる。
利害関係が対立する。
・リスケなどの協力をしてくれることもある。
・主導して再生に協力してくれることもある。
・融資やリスケを拒否する可能性がある。
・預金ブロックする可能性がある。
家族 味方。
一蓮托生。
・精神的な支えになる。
・資金援助してれることがある。
・経営を手伝ってくれることもある。
・再生・税務・会計の専門家ではない。
・自己の保身の為に、再生を妨げる行動に出ることがある。
公的機関(中小企業再生支援協議会等) 中立・公平の立場 ・中立公平な立場なので、銀行や債権者の協力を得やすい。
・手続を透明化できる。
・中立が故に、会社の立場に立って再建策を考えてくれるわけではない。
・対応スピードが遅い
・お役所的立ち回り

それぞれの特徴をみて、「納得がいくまで」「複数に」、相談するとよいでしょう。

よくある悪い例
「●×銀行」、「××金融機関」、「再生機構」、「元官僚」・・etcなど、「元」●●のコンサルタント人達です。経歴ばかりをダラダラしゃべるだけで、会社の状況が具体的再建策についてアドバイスがない場合。

→肩書ばかりを協調する人間にロクな奴がいないことは経験則。

顧問税理士・会計士だが、担当者に相談しても「いや~、どこの会社さんも大変ですね~」と言って定例の仕事をしてそそくさと帰ってしまう場合

→顧問税理士・会計士だからといって、再生の専門家とは限りません。関与先が潰れかかると、何の手立ても出来ない、しない税理士、会計士は腐るほど見たことがあります。

「う~ん、債務超過ですね~。民事再生手続ができないなら、破産するしかないですね」という弁護士

→会社の資金繰りなどの実情や、法的手続以外の再建方法をロクに検討もせずに、自分にとって楽な法的手続を勧める弁護士は、使えないと思って下さい。我が同業ながら、こういう弁護士はたくさんいて残念です。

よい相談先の特徴
  • 親身になって良く話を聞いてくれる。
  • 税務・会計資料にもしっかり目を通してくれる。
  • 納得がいくまで、何度も、分かりやすく説明を尽くしてくれる。
3 企業再生を考えるタイミングは?

「今でしょ!」(平成25年当時 流行語)

失礼しました。
借金は恐くないこと、立ち直る為の再生方法はたくさんあることをまずは知り、さらに自分の会社の現状をありのまま把握することが非常に大事です。

これは病気の診断を受けることと同じ位に非常に重要なことです。「倒産しない」為の第一歩は相談・情報収集といっても過言ではありません。

不安を抱えているだけで、何も行動に移さなければ、事態は変わりません。

また、病気を放置すると病状は進行してしまうのと同じで、会社の窮境状況は刻一刻と悪化していきます。

そして、早ければ早いほど、打つ手が多くあります。「あと1年早ければ、もっと楽な方法がとれたのに・・・」「あと1ヶ月早ければ倒産しなくて済んだのに・・」という事例は枚挙にいとまがありません。

相談するだけで精神的なゆとりを確保できることも多いのです。

ですから、少しでも思い悩んだら、今すぐに相談されることをお勧めします。

会社再生の法律相談の流れ

相談のご予約

まずは、電話又はお問合せフォームからご連絡下さい。

フリーダイヤル0120-3131-45 法律事務所へのお問合せはこちらから
会社破産は弁護士にご相談ください
流れ

相談日時の決定

担当者からご希望の連絡先へご連絡申し上げてスケジュールを調整のうえ、ご相談日時を決めさせて頂きます。

平日午前9時30分~午後9時土日休日午前9時~午後8時

流れ

ご相談内容・持参物の事前確認

相談前に、相談担当者より会社再生に向け御社の状況を簡単にヒアリングさせていただきます。また簡単に記入できるご相談フォームをメール又はファックスにてご記入いただきます。また、次のような資料をご持参いただきます。

  • ①会社案内・パンフレット
  • ②商業登記簿謄本
  • ③決算書3期分
  • ④直近試算表
  • ⑤債権者一覧表
  • ⑥不動産固定資産評価証明書
  • ⑦不動産登記簿謄本
  • ⑧資金繰り実績表
  • ⑨資金繰り見込み表(日繰り、月次)
会社再生のご相談 事前確認
法律相談の流れ

法律事務所で弁護士と相談

弁護士が事前にお知らせいただいた御社の事情を踏まえつつ、ご持参いただいた資料を確認しながら丁寧にお話を伺います。
どんな小さなことでもご不安になられていることを弁護士にお話しください。弁護士は御社の現状の概要や会社の再生に向けて取りうる方法について具体的にご提案いたします。弁護士はどんな困難な問題であっても、経営者と共に考えて会社の再生の為の解決策を追求します。

法律相談の継続・弁護士による問題解決 会社再生に強い弁護士と相談
次のステップ

弁護士費用のお見積り

弁護士に会社の再生をご依頼される場合、事前に弁護士費用の見積もりを明確にご提案致します。この時点でご依頼する必要は全くありませんので、持ち帰って費用や方針について慎重にご検討いただいております。もちろん、直ちに弁護士と契約することも可能です。

弁護士費用
法律相談の流れ

弁護士とのご契約

お客様のご要望を十分に伺い、費用・基本的な会社の再生方針を明確にした上で、会社と弁護士との間で、委任契約書を取り交わします。費用や再生方針についても契約書で明確に記載します。

企業の再生
法律相談の流れ

会社の再生に着手

弁護士との契約後、会社の再生に向けて弁護士の活動がスタートします。
弁護士は会社の再生に向けて経営者と二人三脚で全力で取り組みます。

弁護士による会社再生
弁護士へのお問い合せバナー 会社再生のお問い合せボタン